Interview

看護補助

HOME
/
採用情報
/

看護補助

スタッフインタビュー:看護師補助

スタッフインタビュー:看護師補助

スタッフのプロフィール

所属
看護部
職種
PS(看護補助)
勤続
10年目

仕事内容

患者様の食事介助や入浴介助、排泄援助等のサポートや部屋を清潔に保つ為の環境整備を行っています。

何故今の職種を目指しました?

小阪病院では未経験でも入職できて、託児所もあり子育てしながらでも働けそうだと思い、PSの知識はゼロからのスタートでしたがやってみようと思いました。

小阪病院へ入職したきっかけは?なぜ精神科を選びましたか?

シングルマザーになり、一人で育てていかないといけないときに託児所もあり条件が良かった。身内に精神科で務めている人がいて話を聞く機会もあったので興味を持ちました。

入職してどうでしたか?働く環境は?

公休数が多く福利厚生も整っていると思います。
子供がいる女性にとってとても働きやすい環境。シングルで子育ていながらでも働きやすいので他の人はもっと働きやすいのかなと思います。
子供が小さい事、子供都合で休まないといけない事もありましたが、働くお母さんが沢山いるのでとても理解がありました。もちろん急なお休みを頂くときは申し訳なさもありましたが、休めない・休みづらい事はありませんでした。

教育体制は?

病院についてや精神科についての仕事に関する研修はとても充実しています。色んな職種の方と協力し合ってると思いますし、PSから准看護師、看護師になった人もいる為、PSの仕事を理解してくれる人も多いです。

心に残っているエピソード又は小阪病院のいい所は?

患者様から「いつも頑張ってるね」や「綺麗にしてくれてありがとう」など言って頂いた時にとても励みになり、嬉しいです。治療になると医師や看護師など資格者がメインですが、日々のサポートも見て頂いてたんだなと思うとモチベーションも上がります。

目標があれば教えてください。

入職した当初は子供が小さく周りの方にお世話になったので、今は自分より後に入職刷る方も増え、教える側になってきているので周りの方の為に頑張りたいです。
私たちがしっかり働く事が結果として患者様の過ごしやすさに繋がると思うので、後輩の育成やサポートを担っていきたいです。

そのほかのスタッフインタビュー